ガラス工芸教室
ホーム  >  ガラス工芸教室-トンボ玉
ガラス工芸教室
トンボ玉とは
バーナーでガラス棒を溶かしながら、ステンレス棒に巻き付けて玉を作ります。
  tonbo-001.jpg 写真上から点打ち、重ね点打ち、フリット、線流し
 
 ♦  トンボ玉製作工程
制作工程1
制作工程2
制作工程3
制作工程4
制作工程5
制作工程6
◆Aコース*フリット
(1)玉が熱いうちに転がしながら、ガラスの粒を付けます。
(2)炎にかざし、よくなじませます。

◆Aコース*点打ち(水玉模様)
(1)玉が熱いうちに細いガラス棒で模様を付けます。

◆Bコース*重ね点打ち(二重の水玉模様)
(1)玉が熱いうちに細いガラス棒で模様を付け、炎にかざしてなじませます。
(2)異なる色の細いガラス棒で先程の模様の上に重ねます。

◆Bコース*線流し
(1)玉が熱いうちに細いガラス棒で横に線を描きます。
(2)4本位の線を引いた後、炎にかざしなじませます。
(3) ほのおほ炎の中で描いた線がきれいな曲線になるまで溶かします。
トンボ玉とは
サンドブラストとは
フュージングとは
ジェルキャンドル

ホーム  >  ガラス工芸教室-トンボ玉